image image image image image image image image
 


くくりの森 訪問〜夏〜 その3
くくり夏1−13.jpg
加茂なすを、油で焼いて、ハーブソルト。
生のキャベツで包んでいただきました!

これ、めちゃくちゃおいしい!

畑で、生で頂いたお野菜がおいしすぎて

『料理てなんだろう?余計な事をする必要はないんじゃない?』
と、思ったのです。

でも、
ほんの少しの、調味料と、火の力。

それらを使って、持っている良さを、
さらに、もっと!引き出すこと、

これが『料理する』ということの理由。


素材の味をひきたててこそ、『料理』

しっかり、ココロに刻みたいと思います。




その後、お野菜を集めて…

くくり夏1−14.jpg

くくり夏1−15.jpg

集合写真を。

くくり夏1−16.jpg

なんて綺麗な、形、色、ツヤ!!
自然の造詣物にはかないません。

無農薬とか、有機農法とか聞くと
『形が悪くて当たり前』
『自然だからこそ、形が悪い』
と、思っていませんか?


こちらのお野菜はとってもキレイなんです!
『本当に、土を自然に近い状態にしたら、
形も綺麗になる。自然界の物って、お花でも、
昆虫でも、綺麗な形をしてるじゃないですか』

初めて、飯島さんに会った時に伺った言葉。
深く納得したものです。


斉藤完一さんと、愛犬ソックス!

くくり夏1−17.jpg


完一さんは、無農薬農法にこだわり25年以上。
数々の苦労と共に、ここまで作り上げてきた素晴らしい方!
ですが、すごく気さくな方で、お話がおもしろい!*^^*


くくりの森の皆様と。

くくり夏1−18.jpg

今年から新入社員も入ったそうで、にぎやかになりましたね!
みんな、素晴らしい笑顔が印象的!
とっても癒されました〜。

お邪魔しました!また、来ますね。
くくりの森 訪問〜夏〜 その2
畑に、キャベツがありました。
だいぶ周りの葉っぱは虫食いで、枯れているもの。
手が回らなくて採りきれなかったと。

もったいないけど、そういうことはあるよねー。
ところが・・・

くくり夏1−6.jpg
割って見ると、中はこのみずみずしさ!
流れ出るほどの水分です。

くくり夏1−7.jpg
いただくと・・・やはりみずみずしく、しゃきしゃきした歯ごたえ。
また甘味と、辛みと、変わりゆく味わい。

もう、延々食べ続けられます!
すごい!お野菜の底力を見ました。


くくり夏1−8.jpg
ピーマン

そのままかじっても、甘くておいしい!
種も、ワタも食べれちゃいます。

くくり夏1−9.jpg

くくり夏1−10.jpg
千両なす。

これは小振りですが、収穫終えたものはもう少し大きい。
ぱんっぱんに張っていて、いかにもおいしそう〜。


くくり夏1−11.jpg
畑の脇に、葉っぱが密集。

ん?なに?と思ったら・・・小松菜だそう。

くくりさんの小松菜も、すっごく美味しいのですが、
これは、小松菜が大きく育った後、落ちた種で出てきたよう。

虫食いですが、甘さと苦みと、ちょっとぬめりがあり
これまた美味しい!

どこの葉っぱも、おいしいのです 笑


くくり夏1−12.jpg
これは・・・?

ビニールで土を覆って、熱消毒だそうです。
これまた、ナチュラルな方法ですね!
くくりの森 訪問〜夏〜 その1
こちらのブログは、お久しぶりになっちゃいました^^;;


久しぶりに、くくりの森さんの畑に行ってきましたよー!

梅雨がまだ明けず、お天気を心配していましたが、
まさかの快晴!!気持がいいです〜。

今回は、お仕事で行ったで、
再び、堆肥のお話を聞かせていただきました。

前回の様子はこちら

こちらの堆肥は、100%植物性!
ここまでこだわっている所はそうそうないです。

なんと、この堆肥、食べられますよ。
食べられる堆肥で作った、お野菜。おいしそうですね〜。


くくり夏1−1.jpg

『堆肥は、土の中の微生物へ感謝のごはん』
というお言葉をいただきました。

一生懸命働いてくれた微生物に、
『ありがとう、おつかれさま』といってごはんを振る舞う。

とてもイメージがしやすいですね。
だから、おいしいものを用意する、と。

自然と共存する、とはこういうことか、と思いました。


くくり夏1−4.jpg

1年かけて作った堆肥を、畑に蒔きます。
トラックで走りながら、まき散らすんですね!

くくり夏1−5.jpg
とうもろこし畑!


くくり夏1−2.jpg
『ホワイトレディー』さんだそう*^^*

生でいただきました!
とうもろこしの、でんぷん感が少なく、
ジューシーで、月並みですがフルーツみたいです。

さくさくとした粒の食感もいいですね!

くくり夏1−3.jpg
『ひとみ五寸人参』

くくりさんを代表する、人参です。
ちょっと土がついていますが、食べれちゃいます!

こちらの人参は、とても育てるのが難しいそう。
台風などがくると、風でも苗が抜けてしまったり・・・

ですが、味は甘くて、濃くて!
さらにβカロテンが通常の人参の2倍入っているそう!

そんな人参をまるごと使った、ジュースも販売されています。
原材料にんじん、のみ!
フルーツはもちろん、食塩すら使ってません。
くくり夏1−18.jpg

以前から、試そう試そうと思いつつ、試した事が
なかったんですが、これは・・・!

にんじんジュースの概念をくつがえしますね!
にんじんスープです。

圧倒的な、だし感。
とっても複雑であたたかい、土の香りがします。

これ、離乳食とかに最適ですね!
くくりの森さん 訪問♪ お料理編
くくりさんのコテージにて、お料理させてもらいました。
今回も、たっくさん、作りましたよー。

くくり11-12.jpg
*パープルスティック
紫とオレンジのコントラストが美しい人参。
焼いてもこのまま、色が残ります。

くくり11-13.jpg
たっくさん、出来ましたー!

*3色人参のソテー
*生野菜(人参、赤筋大根、カブ、白菜)
*白菜の炒め煮
*茹でビーツ
*ほうれん草、小松菜のおひたし
*白菜の柚子漬け
*ターサイ、レタスの中華炒め


くくり11-14.jpg
*マスタードリーフ、ルッコラ、サニーレタス、
 春菊のサラダ

くくり11-15.jpg
*大蔵大根のソテー

くくり11-16.jpg
*ひとみ五寸 キャロットラペ
*青首大根の、メープルソース

くくり11-17.jpg
*シンシア(じゃがいも)のフライ、トリュフソルト


などなど!
沢山、頂きましたー!やっぱり、採りたてのお野菜は格別。
前回と顔ぶれも変わり、冬のお野菜もおいしいですねー。


たっぷり、お野菜をいただいた後に、このおいしいお野菜を
つくっている、堆肥を見せていただきました!
くくり11-18.jpg


こちらは、植物性のもののみで作っているそう。
コーヒー豆かす、米ぬか、お野菜、果物のの酵素などなど。
香ばしい、発酵臭がします。(臭みはなし!)
暖かくて、手で触ると、すべすべになるほど!
この堆肥のおかげで、くくりさんの畑はふわふわでした!

やはり、美味しいお野菜は、堆肥までおいしいんですね!
(食べてはいませんが^^;;)
とっても納得してしまいました。


くくり11-19.jpg
こちら、斉藤完一さんは、山武市で30年以上、無農薬野菜に
取り組まれている、先駆者。
くくりの森さんの、飯島さんの師匠さんでらっしゃいます。
この堆肥も、斉藤さんのブレンド。

沢山の、貴重なお話を聞かせていただき、あたらめて、
野菜の作り手さんの熱い思いにふれ、自らの使命を再確認
いたしました。
一人でも多くの方が、喜びをもって食事が出来るように、
私も力を尽くしていこうと思いました。

今後も、くくりさんのお野菜から、目が離せません!
また、おじゃまさせてください〜。
くくりの森さん 訪問♪ 収穫編
夏以来、くくりの森さんに訪問してきました。
冬野菜が沢山出来ていましたよー。

お昼に頂くお野菜を、収穫させていただきました。

くくり11-1.jpg
*キャベツ。
先のとがった、珍しい形。とっても葉が柔らかいです。

くくり11-2.jpg
人参は3種。
*ひとみ五寸
*パープルスティック
*イエロースティック


くくり11-3.jpg
こちらは*ビーツ。
まだ球が小さかったです。
葉が小さいうちは、ベビーリーフで頂けるそう。
そういえば!ベビーリーフに、ビーツって書いてありますね。

くくり11-4.jpg
*春菊も柔らかくて、キレイ!おいしそう!

くくり11-5.jpg
こちらは、*赤筋大根という種類だそう。
皮だけですが、筋が入ってますねー。

くくり11-6.jpg
葉っぱにも、赤筋が!

くくり11-7.jpg
大根の葉って、円になってるんですね〜@@
ぐるぐるしますね!キレイ。

くくり11-8.jpg
*青首大根
端から端まで、同じ太さのものが
*大蔵大根 だそう。おでんにピッタリですね!



くくり11-10.jpg
*マスタードリーフ。
辛みがあって、美味しいです!

くくり11-11.jpg
沢山、収穫しました!

さて、どんなお料理にしましょうか。
2014年 お正月 その2
こちらも恒例の、天城湯ヶ島、嵯峨沢館です。
こちらは沢山温泉があって、とってもくつろげます。
でも必死に全部に入ろうとしてしまうので、
忙しいです^^;;

お夕食。
毎年、同じ時期に来るのに、メニューはもちろん
器も違って楽しめます。
sagasawa1.jpg

お椀は、花びらもち風に仕上げています。
sagasawa2.jpg

お刺身にはもちろん、天城産の本わさび。
sagasawa3.jpg


sagasawa4.jpg

sagasawa5.jpg

水菓子は、三宝柑という柑橘をくりぬいて、ゼリーです。
これは恒例。さっぱりした酸味が美味しいです。
sagasawa6.jpg

こちらは、朝食。
朝も豪華です!!*^^*
sagasawa7.jpg
戸田旅行 2
翌日、朝食です。
日本人て、いいねぇ・・・
sakura11.jpg
朝から豪華!
蟹も本物(笑)
マグロの佃煮も、お漬け物もぜーんぶおいしい!
手作りって、いいですねー。

ご飯に合うおかずばかりで、一品で1杯ずつ食べれそうです。*^^*

sakura12.jpg
鯵のひものは、その場で焼きます。

sakura13.jpg
お味噌汁は昨夜の伊勢エビ!
良いお出汁ですねえー。
そしてぴっかぴっかご飯が、もう止まりません!

sakura14.jpg
戸田の港へ。

sakura15.jpg
朝市もやっていました。
イワシ!アンチョビ作りたいですね。

sakura16.jpg
本海老、お安い!お買い上げー。
これ、ホントに美味しいんです。
戸田旅行 民宿さくら
11月、西伊豆の戸田(へだ)に小旅行へ。
以前から行ってみたかった、民宿さくらへ。

こちらはお料理と日本酒が自慢のお宿だそうです。
民宿、なのでアットホームなお部屋ですが、
部屋食なのは嬉しいところ。

近くの温泉に入りに行き、宿に戻ると、どどーーんと
お料理が!わーい*^^*
sakura2.jpg

まずはビールでかんぱーい!
sakura1.jpg

生ガキも、小魚のフライ海老の素揚げも、
あまりにも・・・おいし!
sakura3.jpg

お刺身盛り合わせには、生伊勢エビも!
蟹もおいしいです。冷凍ものとは旨味が違いますね。

sakura4.jpg
金目鯛はしゃぶしゃぶで。

sakura5.jpg
別注の金目の塩竈焼きは、昆布で包んでありました。
なるほどー。

おかみさんが、塩竈をオープン!
sakura6.jpg

大きな金目でしたが、おいしくてあっという間に完食。

sakura9.jpg
そうそう。
宿のご主人が日本酒を持って来てくれます。
味見ですでになみなみと 笑
それぞれ独特な味わいです。やっぱり和食には
日本酒が合いますねー。すすんじゃいましたー。

sakura10.jpg
〆には・・・おにぎりとなめこのお味噌汁。
これが、むちゃくちゃおいしい!!お米も地元の物です。
つやつっや!うーん、もっと食べたーい!!
(くるしー!ってなるから1個で我慢)

そしてすぐ寝れる。
なんと贅沢です!
ひょっこり農場2
少し畑を移動して・・・

ひょっこり9.jpg
パープルのピーマン

ひょっこり8.jpg
緑,黄緑、白ピーマン。
熟すと赤になるそう。
生かじり、甘いですー。青空レストランごっこ出来ました*^0^*

ひょっこり10.jpg

ひょっこり18.jpg
トマトも青臭くていい!
やはり、水を控えると自力で甘くなるそうです。

ひょっこり13.jpg
かぼちゃ。
これは、冬まで寝かせたほうがいいそうです。

ひょっこり11.jpg
これは・・・?

ひょっこり12.jpg
落花生でしたー。

沢山見せていただき、ありがとうございます。
もちろん、買ってきましたー!

ひょっこり16.jpg
ランチは、お近くの農場さん経営のカフェに。
おしゃれですね〜。


ひょっこり17.jpg
窓からの景色が、また癒される。
北海道のマッカリーナを彷彿とさせます。

ひょっこり15.jpg
生トマトのナポリタン、いただきました!
野性味溢れる感じ、好きです!しかも生パスタ。
こういうの、いーなー。*^^*
ひょっこり農場1
イベント準備の為に、畑に行ってきました〜。
千葉県香取市まで。プチボワイヤージュです!

ひょっこり農場さんは、女性が一人で運営されている農場です。

ひろーい敷地を、華奢な女性、お一人で!驚くばかり。
農作業が山ほどあってお忙しい中、お邪魔するだけじゃ
なくて、お手伝い出来ればよかった・・・

しかし、畑はテンション上がります!!
空気もいいし、なっているお野菜達は本当に奇麗。

ひょっこり1.jpg
ナス

ひょっこり2.jpg
大きな緑ナス。

ひょっこり3.jpg
赤オクラ
これは、沖縄原産だそう。星形じゃなくて、丸いんです。

ひょっこり4.jpg
おくらを生で食べました!さくさくしてて、粘りが強くて
おいしーーー!!!

ひょっこり5.jpg
こっちは、みどりのオクラ。
ベイビーオクラは、触るとやわらかーい産毛で癒されるーーー。
オクラに癒されたのは、生まれて初めて!

ひょっこり7.jpg
オクラのお花は、ハイビスカスみたい!
なんと、花びらも食べられます。オクラの味!(笑)
ちゃんと、粘りもあります。お花独特のえぐみは感じず。
採りたてだからかなぁ。

ひょっこり6.jpg
かえるもいましたよー。
1/2 >>

image


Copyright © 2007〜2012 juillet. All Rights Reserved.